· 

毎月の楽しみ

 

少し離れたところに、93歳の祖母がいます。

 

25年前に祖父が亡くなってからも、ずっとパワフルでした。

 

でも数年前から、少しずつ助けを必要とするようになり、

 

今は、認知症も確実に進んできました。

 

 

 

私ができることは、

 

・母や妹と毎月顔を見せに行くこと。

 

・毎日笑顔でお世話をしてくれているおばに、感謝を伝えること。

 

 

 

先日、4か月ぶりに会いに行くことができました!

 

 

 

母のことは覚えているけれど、妹や私のことは怪しいかな?

 

でも、身内であることは分かるのでニコニコしてくれます。

 

 

 

おばが「ゆうちゃん(私)・まあちゃん(妹)が揃って来てくれて、嬉しいね」と伝えてくれると、

 

「ほんとやな。それに大きくなって…綺麗になったなぁ」と祖母が目を細めて言ってくれました。

 

 

 

祖母の目には、私たちが何歳に映っているのだろう。

 

「嬉しい」「ありがとう」はよく言ってくれるけど、「綺麗になった」と普段は言われないので、思わず2人ともうるうる…。

 

 

 

「おばあちゃんが、今の身体でここにいることを満喫したら、楽に身体を離れてもらいたい」

 

そう願いながらも。

 

孫として、いつまでも居て欲しいのも、また本音。

 

 

 

月に1度のたった数時間ですが。

 

その時が来るまで、続けたいと思っています(*^^*)

 

※高速道路の運転が苦手な母にとって、私は貴重なドライバー。

 親孝行も兼ねていて、一石二鳥です♪