· 

おばあちゃんの新しい一日

風の冷たい午後、滅多に載らないバスを待っていた時。

一人のおばあちゃんが、時刻表を上手く読めないようだったので、声をかけてみました。

 

そこから、おばあちゃんのお話が止まらない。

 

「昨日、主人が免許を返したの。今日はバスに乗る練習をしようと思ってね」

「本当に寂しい。40年以上、毎日のように乗っていたの。もう車は無いんだからね、寂しいもんだね」

「簡単に行っていたスーパーにも、バスを乗り継いでいかないといけない。遠くなるね」

「昨日、リュックサックを買ったよ。肩が痛いけど、荷物を自分で運ばないとね」

 

車を手放した寂しさと、今後の生活への不安が、伝わってくる。

 

「でもね、いつどこで、こちらの運転で人を傷つけるか分からないから」

「そうならないように、その前に免許を返そうかって、2人で話し合って。それで返したのがちょうど昨日だったのよ」

 

誰かに説得されたわけでもなく、自分たちで選択された様子。

大きな決断だったろうなぁ。

おばあちゃんの顔は、どこか晴れ晴れとしていた。

 

バスが到着。

「あ、やーっと来たねぇ。ありがとね」

おばあちゃんは、笑顔で乗り込んでいった。

 

お二人の新しい生活が、どうか優しくて穏やかなものでありますように・・・

と、願わずにはいられませんでした。

 

 

2020年が、皆さまにとって良き一年となりますように☆彡