· 

風邪の予防

冬になるとどうしても乾燥して、粘膜組織も

乾いてしまいます。

この粘膜組織の免疫システムは、いつも

湿っている状態でないと、簡単にウイルスや

病原菌が侵入してしまいます。

 

粘膜組織を正常化する代表的な栄養素は

ビタミンA、マグネシウム、亜鉛、ビタミンD

 

ビタミンA→鶏肉、豚肉のレバー、うなぎ、

                    シソ、人参など

マグネシウムきな粉、海苔、干しエビ、

                         いりごまなど、

亜鉛牡蠣、豚肉レバー、牛肉、かに缶など

に多く含まれています。

 

粘膜の再生や、感染予防の役割として、

自然免疫であるマクロファージを活性化

することが分かっているビタミンD、

夏に比べて紫外線量も少ない冬は、

お日様に当たる時間を取ってビタミンD

不足や欠乏に注意したいですね。

 

鼻をつまむと鼻の粘膜が潤い、

口の周りや、耳の下から首の上側を

顎の下までつまむと唾液が良く出るので

整膚もおすすめです👌

 

東洋医学では、

手首や背骨の関節にたまった

不要な水分は、それだけで

さまざまな病の原因になる

と言われています。

 

風邪も、首や手首、足首などから

冷えが入り込み、体温が奪われることで

引きやすくなります。

 

それらの部分に日頃から整膚をしておくと

流れが良くなるので、余分な水分がたまらず

冷えにくくなって、風邪の予防になります👌

 

 

凝ってるな、痛いな、冷えたな、と

思ったら、具合が悪くなる前に、その場で

直ぐにケアをして、これからの寒い冬も

元気に過ごしたいですね!