· 

自然療法

肝・腎・脾の手当て

☆こんにゃく温湿布

   

こんにゃくは、昔の人は「腸の砂おろしをする」

と言いました。

こんにゃくが腸の毒素、不要物を吸い出して

くれます。

こんにゃくは、3年間土の中で育てられて

こんにゃく玉ができます。

この大地の生命力も入ってくれるので、

使い捨てカイロとは大きな違いです。

 

① こんにゃく2丁を10分程煮る

② ①を1丁ずつそれぞれタオル23枚に包む

③おへそ下(指3本下)の丹田と肝臓(右胸の下)の上に

こんにゃくを置き、30分温めたら

冷たいタオルで拭く

④③と同時に脾臓(左の脇腹、肘が当たる所)

10分冷やす

⑤腎臓(ウエストラインより3㎝程上の背骨の両脇)

に当て30分温め、最後に冷たいタオルで

サッと拭き取る

 

*こんにゃくはとても熱くなってるので、

温め始めて熱いと感じたら更にタオルでくるみ、

冷めてきたらタオルをはがしながら温度調節を

すると良いです。

*冷やす時は、私は保冷剤をタオルで包んで

使っています。

*⑤で腎臓を温める時にこんにゃくが冷めていたら

再度煮て気持ちいい温度に温めます。

*子どもは10分~15分、乳幼児は7分位、

終わったら1分程冷やす

*乳幼児は脾臓を冷やさない

*乳幼児は足裏をこんにゃくで10

温めるだけで腎臓の治療はいらない

 

❶ 手当ての前後は必ず排尿しておく

❷ 満腹時は避け、空腹時に行う

❸ お風呂の前も避ける

*お風呂の後手当てをする場合は、血行が

落ち着くまで30分~1時間あける

 

こんにゃく温湿布は、体内の毒素を出し

新陳代謝を助け、肝、腎を刺激して

働きをよくする全身の強壮法です。

 

胃腸病、風邪、熱、慢性病、癌、高血圧、

腎臓病、肝臓病、糖尿病、結核、

お通じや尿の出もよくなる

慢性疲労などは、夜寝る前にすると

疲労回復効果が大きい

 

こんにゃくは良質を選ぶ!

 

    「家庭でできる 自然療法」 

         東城百合子著 より

 

 

こんにゃく温湿布をやると、

とにかく気持ちいい!!!

 

 

身体が軽く楽になるので、お試しあれ~