· 

スキンシップ遺伝子

それは、この難病を背負っている子供たちが

1人の例外もなく、いつも笑顔で実に明るいということです。

 

あれだけの難病、しかも毎日激痛と闘っている。

 

いつ治るかも分からないのに、なぜこんなにも明るく、

逆にこちらが癒されるような笑顔を見せてくれるのか、

不思議でしようがなかったそうです。

 

 

その理由は、

 

 

その医師が「スキンシップ遺伝子」と呼ぶ、

母と子の触れ合いによって活性化される働き。

 

 

「表皮水疱症」は、通常三層からなり、

くっついている皮膚が、その状態が不十分なため、

夜寝返りを打つだけで、皮膚がずれてやぶれてしまう。

 

だから子供たちが生まれた時から、毎日毎日、朝夕2回、

お母さんが水疱をつぶして全身に手のひらで軟膏を塗る。

その母の手が遺伝子に働きかけ、情動の発達を促して、

あの優しい笑顔を生み出していたというのです。

 

 

私はある整膚師さんが、妊婦さんを整膚しながら

「赤ちゃんが生まれたら毎日整膚してあげてね、

 そうしたら、すぐにキレるような子供に

 ならないからね」と話されていたのを

 思い出しました。

 

 

触れられる心地良さは心を満たし、

その充足感は、生きていく大きな力のもととなる

 

そんな風に感じ、とても心に響いたお話でした。