· 

問いかけってやっぱり凄い!!

息子夫婦とその友人を交え、最初は楽しくやっていたのですが、

少ーーしずつ歯車がずれる様に会話がスムーズに流れなくなって、最後には険悪な雰囲気に。

結局、険悪なまま、息子夫婦・友人は帰宅しました。

 

そして、私達夫婦の喧嘩に。

 

息子はアクセスで言うところの、完全なるヒューマノイド。個性的なタイプです。

 

息子をヒューマノイドとしてありのままで居たら良いと見る私と、少しでも社会に適合しその中で結果を出す事を願う主人。

どうしても平行線で話が噛み合いません。

まあ喧嘩をしても、翌日はいつもの様に「おはよう」と声を掛け合うのですが、翌日になってもどうも気分は重く、心が晴れません。

 

 

どうしたら良いか・・と考えるのをやめて問いかけました。

 

『何がどうあれば、家族一人一人がそれぞれの個性や才能を発揮して、幸せに生きられる?』

 

 

息子にバーズセッションを受けてもらいたいと思いながら、すんなり受け入れてもらえず、

過去2回受けてくれたバーズセッションは、半ば渋々な感じでした。

 

”そうだ!アクセスコンシャスネス共同創設者ディーンが書いた「ビーイング・ユー、チェンジング・ザ・ワールド」の本を贈ろう!きっと何か感じてくれる筈だ!

以前は「読んだ方が良いよ」というスタンスだったけど、今回は『お願い』にしてみよう!

読んでもらいたいと、きちんと心からお願いをしよう!”

 

そう決め、先に本を注文しました。

 

 

すると!先程、息子から電話が鳴り、

なんと!夫婦でバーズセッションを受けたいと!!! やって欲しいと!!

やったーーー! よっしゃーー!!

これよりもっと良い事って?

 

 

自分の小さな頭で考えるより、問いかけはやっぱり世界を開いてくれる!

まだ本は届いて無いけれど、すでに世界は問いかけをした段階で動き出しているのだ!

ありがとう問いかけ!

 

 

全てはそう見えるものの反対であり、そう見えるものの反対は何も無い。