· 

相手の体が求めてる!

昨日は楽しみにしていたギフト&レシーブ(通称ギフレシ)!

会うのは2ヶ月ぶりの彼女。

 

 

元気に入ってきたその顔とはうらはらに、何とも痛々しい声!

ほとんど声にならないくらいに枯れているじゃないですか!

 

聞くと、風邪を引き、治ったのに声だけ元に戻らないそうな。

 

それを聞いて、あるボディプロセスが湧いて来ました。

「そうだ!ピッタリのプロセスがあるよ!」話してそれに決めました。

 

 

「どっち先にやる?」

どうやら流れは私が先みたい。

「どのプロセスをやってもらおうかな〜?」

 

どれを選ぶかを決める方法はいくつかあるけれど、その時は何も考えずにひょいと言葉が飛び出して来た。

 

「DMMD!」

 

それは、

本来体に起こるべきでない事が生じている場合・起こるべき事が生じていない場合に行うプロセス。

あるべきなのに無いものを作り・無いべきなのにあるものを消す。

 

 

口から出て来たその言葉に自分でびっくり!

 

「えっ?これ?何で??」

 

頭の中ではちょっと混乱。。

でもまぁ 理由は良く分からないけど、私の体に必要なのねと納得し、やって頂くことに。

 

 

施術をしている側の彼女は体が熱くなって来たと言い、だんだん声が少し出始めました。

「おおっ!良い感じじゃないですか!」

 

1時間やって頂き、交代!

最初に話して決めたボディプロセスで、体とくに声帯周りの筋肉がとても気持ち良く解れ、緩んでいきました。

 

耳鼻科に行って診てもらう予定だったという事で、その後病院へ。

 

 

 

そして、今日来たメッセージには、

なんと「ポリープが2つもありました!」と!

 

「え〜〜〜ポリープ??」

 

その瞬間、わかりました!私がDMMDを選んだ訳が!

 

 

 

 

’’彼女の体’’が一番欲しかったプロセスはDMMDだった。

 

つまり、〈本来あるべきではないポリープ〉を消すために必要なプロセスを’’彼女の体’’は知っていた。

 

ところが、最初に話の内容から決めたものはそれでは無く、声帯周りの筋肉を緩めるものだった。

 

ポリープが出来るということは、声帯周りはかなり力がかかって疲労している状態なので、それはそれで必要だったのだけれど、一番では無かった。

 

そこで、’’彼女の体’’は私の体を使ってそのエナジーを受け取ろうとしたようです。

 

アクセスのセッションでは、施術をする側もされる側もどちらもエナジーが流れます。

 

 

 

「なるほど!だからあんなに体が熱くなるほど、彼女の体にエナジーが回ったんだ!」

 

全てが腑に落ちました。

 

すごい!体って!

どんな手を使ってでもゲットするのね^^

 

 

 

 

今日から、セルフで毎日エナジーを流すそうです。

習って覚えてて良かったね!!

 

回復の連絡をお待ちしてまーす!!